Nao Kawamura

  

『CUE』

 

 

 Suchmosや岩間俊樹、WONKの活動に参加し

表現力の豊かさで注目をあつめていた

Nao Kawamura

そんな彼女が初の全国流通盤

『CUE』をリリースしたのは今年の1月

それ以来さらに多くの人々を魅了し

活動の幅を広めつつある

『CUE』という作品は

どこから生まれてきたのか

そして今後どこへむかうのか

渋谷Cafe FLAMINGOでインタビューを行った

 

 

  By

Komu

Kaoru_maki

Hitomi Nakamura 

 

 

 

私がいま思う合図を詰め込んだアルバム

 

Text

 By 

Kaoru_maki

 

ーはじめてNaoさんを観たのがFLAMINGOだったので、今回はインタビューの場としてえらばせていただきました。

 

 

 

Nao Kawamura(以下略)「そういうのめっちゃ嬉しい。ありがとう!」

 

 

 

ーまずは今回のタイトルについてお聞きしようとおもいます。“CUE”という単語にはきっかけ合図という意味がふくまれています。このアルバムにとってそれはどういう意味をもっているのでしょうか。個人的にとても気にいっているタイトルです。

 

 

 

 「まずつくっている段階で“交信直感”といった単語が作品のテーマとして頭のなかにあったのね。それでアルバムのタイトルを決める段階で、それらのキーワードをパッと覚えやすい、シンプルでポップな単語にまとめてみようと思ったんだけど、いざやってみると当てはまるような言葉がなかなか見つからなくて…そこでずいぶん悩んじゃった。」

 

 

 

ーキーワードをつなぐ線を見つけることができずにいたんですね。確かにそれらを紡ぐ言葉を考えるとなると、複雑な作業であることが安易に想像できます。どれほどの期間悩んだのでしょうか。

 

 

 

 「それこそ決定しないといけない直前まで。本当に残りわずかってところで、ふとすべての楽曲に合図っていう言葉が入っていることに気がついた。それで、そこから“CUE”っていうタイトルが出てきて、それでいこうとおもった。」

 

 

 

”CUE”という単語にはNaoさんがこのアルバムに込めたさまざまなテーマが折り重なっているんですね。簡潔ながらもさまざまな意味にひろげることができる懐のひろさを感じます。

 

 

 

 「『CUE』にはわたし自身がさまざまな角度から発信する合図”がつめこまれているからね。たとえば物事の終わりと始まり変化の前触れ”を意味する合図、あとは気づきのきっかけ”としての合図。それに勢いのある同世代と出す合図。そういったわたしが感じたものがはいっている。

 

 

 

 

ー『CUE』は初の全国流通盤ですが、なぜこのタイミングでNaoさんはそういった合図を発信しようとおもったのでしょうか。

 

 

 

 「そろそろ自己紹介として紹介できるアルバムをつくりたいなとおもったのがきっかけかな。まえに『Awake』というEPを会場限定で発売していたんだんだけど、それは“覚醒”がテーマで、自分の内面にある顔をそむけたくなるような部分から湧きあがってくる叫びとむき合いながら、精神を削って完成させたスケールの大きい作品だったのね。結果として良い作品ができあがって、それこそ涙が出るほどうれしかった。でも、あとで落ちついて聴いてみたら、わたしの想いや可能性がつまりすぎてて…聴いてくれるひとたちが気軽に聴ける内容ではないなって感じたの。それにわたし自身が抱えるあこがれを詰めこんだこともあって、身の丈にあっていない印象もうけた。

 それはそういう作品でもいいとおもうけれど“どうすればわたしが届けたいとおもっている日常と非日常”という感覚をより上手く聴いてくれるひとたちに伝えることができるのかな”って考えた。そこでそとに持ち歩いて聴けるようなライトさが必要だということに気がついたのね。それで、今回はさっきあげたような生活の身近なところにある合図と、わたしがいまの時代の流れのなかでどういうものを聴きたいのか、というふたつの要素を合致させたものをつくることにしたんだ。」

 

 

 

ーたしかに『Awake』には圧倒されるようなスケールがあります。スピリチュアルな部分が強く、そこに引力がはたらいているように感じました。それにくらべると『CUE』にはそういったスピリチュアルな部分が表立って出ることはなく、消化され研ぎすまされたような印象をうけます。

 

 

 

 「『Awake』のときは荘厳な広いところで聴いているようなサウンドにしたのね。歌詞も英語を中心に凝ってつくったんだけど、その結果として歌や詞がまえに出てこなかったかな、とおもった。食事でたとえるなら「全部メイン料理です!はい、食べて!お腹いっぱい!」という感じに、ボリューミーなものが多すぎた。だから今回は、歌詞にはいまの自分をよりリアルに表現できるように日本語をつかって、声にもいま自分ができるかぎりの可能性を盛りこんで、小さいところから大きいところにむけてるようなスケールを意識してつくったんだ。」

 

 

 

 

 

 

CUE』の曲には思わず口ずさむような軽さがあって、料理をつまみ喰いしているような感覚をおぼえます。

 

 

 

 「そうそう。私生活になじみやすい音楽をつくったということ。

 そういうミニマルな視点で聴きながら、日常と非日常のあいだを行き来できるようなものをつくりたかった。いまの自分が聴きたいとおもうサウンドもそれだったからね。

 あとはやはり声でコンセプトを明確に伝えたかった。だからヴォーカルやサウンドでは“間”をつくるためにあえて削ぎ落とす、引き算をしていくことも意識したね。それでより聴く人のなかで感じてもらえるようにした。

 

 

 

ー間をおくことで考える余裕をつくってあげたんですね。より自分のこととして受け止められるように。そこにはNaoさんの生活のスタイルが垣間見れるような、それこそ人間的な部分に触れているようなきがします。 

 

 

 「より“ひとりの人間として”という部分が大きくなったね。」

 

 

 

ー流行りというのは、Naoさんのなかではどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

 「わたしのいま聴きたい音楽とか、わたし自身の気持ちとか。あとはわたしの同世代が持つ時代感とか。そういうものかな。」

 

 

 

Naoさんのなかにあるものと、そのまわりにあるもの。それらが混ざりあっている流行りなんですね。演奏からはRoy Hargroveなど、今回のアルバムに参加したミュージシャンの方々がそれまでに影響をうけてきたであろう要素が数多く散りばめられています。でも、けっしてそれが前面に出ているわけでもなく、幅広い世代のひとたちが聴けるようにソフトなかたちにあられているなと感じました。聴きかたによってジャズにもポップスにも聴こえる、そんな印象です。

 Naoさんは今回どのように曲をつくったのでしょうか。澤近立景さんと作業していったのですか。

 

 

 

 「いくつかの曲は私がデモで作って、それをさわちーがアレンジしてくれたの。

 読んでくれている人たちはすでに気づいているとおもうけど、わたしがアルバムをつくるときは、まず「なにを伝えたいか」という自分のなかから生まれる確信的なテーマや想いをひき出すところからはじまる。それは一言でもいいんだよね。つぎにそこから「こういうことを言いたいから、こういう曲がほしい」ってアルバムのセットリストをさきにつくっちゃうの。そうやって組み立てておかないと、伝えたい想いが不明確になるからね。それで、中心にドーンっと置いたテーマを曲にしていく。全体的にみるとひとつの言葉に曲をあわせていく感じかな。つまり私にとっては“テーマ”がとても重要なんだ。テーマがなくても曲は作れるけど作品を作ることはできない。でも確信的なテーマがあれば、わたしはいくらでも作品をつくることができる。このつくりかたも、いまのわたしの流行りだね。」

 

 

 

ー曲よりもアルバムの構成をさきにつくりあげてしまう。自分の言いたいことを明確にして、芯になるものを置いてあげることでメッセージの純度を安定させるんですね。

 

 

 

 「そうそう。自分が本当に「そうだな」って思ったことを軸にするの。それがたとえリアルで経験したことじゃなくてもね。“自分のなかにある現実”なら軸にすることができる。それを大切にすれば、そこからひろげて発信することができるとおもっているから。わたしがひとにしてあげられることって、テーマを発信することで気づかせたり癒してあげることだと最近はおもうんだ。」

 

 

 

Naoさんのそういった働きかけによってなにかに気づいたり、自分の抱えてるものを軽くすることができた人たちはすがたが見えなくてもいると思います。そこは“CUE”タイトルにもつながりますね。

 

 

 

 「そう。気づきはわたしのなかで一貫したテーマのひとつだから。」

 

 

 

自分の世界を表現するため

 

 

 

 

 

ー今回収録された曲のエピソードなどはありますか。

 

 

 「「食べかけの朝」は朝の曲なんだけど…じつは深夜につくった。深夜に曲を書いてたら「あ、あー!」って覚醒して最強モードになって、歌詞もぶわぁーって一気につくっちゃった()

 

 

ー朝の曲なのに深夜にできたんですね。たしかに朝につまみ食いはしないですよね()

 

 

() 逆に「Sleep your dream」は朝にできたね。朝起きて「ふわぁ~」ってなってたら「あれ?あれあれあれ!」みたいな()。だから頭のなかのイメージは大事なんだね()

 

 

ー確かにそうですね() まわりの時間とかに左右されない、ナオさんのなかに流れている感覚がそうさせるということでいいのでしょうか()

 

 

「自分の世界観が大切ということです()

 

 

 

 

Naoさんの世界観はアーバンな感じがします。たとえばSuchmosYONCEさんや、海外ではJack Johnsonとか。そういった方々がつくる音楽には海や自然が生活の身近にあるからこその広がりがあるとおもいます。その景色を書くことで世界観を広げていくという感じでしょうか。それに対してNaoさんの音楽には喧騒のなかの癒しというか、ワン・ルームのような空間が枠としてあるような気がするんです。

 

 

 

「本当はナチュラルな部分もあるけれど、それを自分の音楽のなかに落とし込むべきタイミングはいまじゃないと思ってて。あとは落としこみかた。それがいまのわたしの身の丈に合うかというのも大切。私はシンガーソング・ライターとしてやってるから、いま私である意味がないことはやりたくないの。それはみんながそれぞれのかたちでそう感じているとおもう。色々なミュージシャンのサポートとしても活動しているけれど、それも“わたしであることの意味”を提示できるものしかやりたくない。反抗的なんだよね、いま()

 

 

 

ー反抗期なんですか() さらに掘りさげていくと、今回お話を聞いているうちにNaoさんの制作は外の環境を咀嚼したことで生まれてくるもの、つまりは内的な部分でかたちを変えたイメージからおこなわれているのかな、とおもいました。だからNaoさんの歌には物事を俯瞰するような視点があるような気がぼくにはするんです。

 

 

 

「へぇー、それは考えたことなかったな。でも面白いね。」

 

 

 

ーそれはNaoさんが影響をうけたというまど・みちおさんとも関連があるのではないでしょうか。

 

 

 

私がまどみちおさんが好きなのは、小さい時にお父さんが文学がすごく好きで、家に本棚がいっぱあったのね。それこそトイレにも本が置いてあるくらい。で、そのなかにまどみちおさんの本があって。わたしむずしい文章が得意じゃないのね。ほんとに集中力がなくて(笑) でも、まど・みちおさんの文章は平仮名で言葉がすくなくて、それに小さい子が読んでもわかるような言葉をえらんでいる。そして、なによりもまど・みちおさんの作品が芸術として人に届いているっていうことが幼いながらにわかった。誰にでも分かるけれど芸術として届く。それって究極のポップだよね。」

 

 

 

ーぼくはNaoさんがまど・みちおさんが好きだって聞いたときに「たしかにそうなんだろうな」とスッと理解することができました

 まどみちおさんの詩について書かれたもの読んだときに印象に残ったものがあって、それは視点が人間ではなく宇宙にある”というものなんです。たとえば「ぞうさん」の詩をひとつとっても、あれは人間の視点からみた象のすがたではなく、象自身の視点から語られている。そこには、まどさんの「人間でも、動物でも石でも。宇宙にとってはすべてが地球ものであって、すべてに繋がりがある」という考えがあったそうです。ぼくはNaoさんの曲にもそれに似た感覚があるような気がします。

 

 

 

「言われてみるとそれはあるかも。わたしは自分の世界観を大切にしているからね。歌唱力や表現力に関しても、歌が上手くなるためじゃなくて、自分の世界を表現するために身につけるものだとおもっているから。

 たぶん、そういう“自分がもつ世界観のスケール”が大きくなるとBjörkみたいになるんじゃないかな。わたしはBjörkが好きなんだけど、彼女がもつ世界観のスケールって独特で大きいのに、言いたいことにはひとつの芯があるわけだよね。私もその芯がないと物事は動きはじめないとおもうし、それにアーティストにもなれないとおもう。これは人間だれに対しても言えることじゃないかな。想いって大事だよね。」

 

 

 

Björkって自分の宇宙をもっていて、つねにそこから物事を眺めている人だと思います。それで、その宇宙にあるルールとか摂理を飛び抜けた事態だとか、そこで受けとめることのできない残酷さに直面したときに、「それは間違ったことだ」と行動できる。強い人なのではないでしょうか。Naoさんもそこをとても大切になさっていますよね。

 

 

 

「私が尊敬するErykah Baduとか宇多田ヒカルもそうだとおもう」

 

 

 

ーミュージシャンには戦っているひとと、流れにのっているひとの2パターンがあって、戦っているひとたちはつねに鏡の自分とむきあっているとおもいます。鏡の自分とむきあうことは、コンプレックスや自分が抱いている恐怖が明確になるのでとても厳しいことですよね。でも、それをアーティストとしてかたちにして発信することで、人々はそれに共感することができる。Naoさんが尊敬するミュージシャンや、Naoさん自身からはそういった姿勢がつよく感じます。

 

 

 

「それは考えるよね。でも、それと同時に外を見ることもとても大切。わたしの作品は商品として世のなかに出るものだから、ちゃんと中間をとるようにも意識してる。」

 

 

 

ーNaoさんはその自己と他者のバランス、裏と表のくっつき方が端正でとても綺麗だと思います。

 

 

 

「バランス感覚ってほんとうに大事。それを実感してる。」

 

 

 

ー表現をすることで生計をたてるためには、目の前に流れがあって、その流れのなかに入っていきながらも、足をとられないようぎりぎりまで踏みこめる位置を考える。その見極めるちからが大切なのでしょうか。

 

 

 

「そうだね。でも今回『CUE』を作ったことで、あらかじめ自分でつくったバランス感覚が結果としてどのように作用するのかは、聴いてもらった結果のなかではじめて分かることなんだなって感じたね。人に手にとって聴いてもらうことではじめて作品になるってことだね。

 たとえばリリースされるまでわたし自身はサウンドがネオ・ソウルによっているなと感じていたのね。でも、発売したらみんなが『CUE』からポップスな部分や、日本語で歌うことであらわれたニュー・ミュージック的な部分も汲みとってくれた。

 自分の力だけではこういう作品を作ることはできない。そこには見えない力が働くかもしれないし、タイミングもある。そうでないと今回アルバムをつくるなかで出会ったひとや聴いてくれたひとたちとも出会えなかったとおもうんだよ。すごく計算して用意したものと、そのさきにある私たちに読むことができない偶然。それが重なってつくりあげたものが『CUE』なんじゃないかな。」

 

 

 

ー制作に携わった誰にとっても、来るべくしてきたタイミングだったのかもしれません。

 

 

 

「そうそう。だから両方の視点って大切だよね。ひとにまかせることも大事だし、自分である程度まで準備してくることも絶対に必要。そこが噛み合ってタイミングが合うと、上手くいいものができあがる。また逆もしかり。だからまぁすごいですよね、人生は()

 

 

 

ーお話を聞いているとあらためてすごいバランス感覚だということを実感しました。普通はなにかをするときって欲があればあるほどその方向へと偏ってしまうとおもいます。でもNaoさんはその欲がでればでるほど自然とバランスを取るほうへと舵をとることができるんですね。

 

 

 

「外からの視線を感じたりしたときは、自分と向きあって「これはどういうことなんだろう」って考えるようにしてるんだ。」

 

 

 

 

 

 

人間的にも、音楽にも最高のミュージシャンたち

 

 

ー現在SuchmosSANABAGUNWONK、それに前回インタビューさせていただいたリベラル a.k.a. 岩間俊樹といった注目を集めるバンドやミュージシャンの作品にサポートとして参加なさっていますよね。彼らは今や一つのシーンとして注目を集めています。当然Naoさんもそのなかにいらっしゃるわけで、そういった外の視線をうける機会が増えているかとおもいます。今後はシーンのなかでどういった展開をなさるのでしょうか。

 

 

SuchmosSANABAGUNWONKはみんな売れるまえから仲がよくてフラットな関係だったのね。フラットっていうのは音楽に純粋な関係っていう意味で、たとえばだれかの曲がいいものであれば「いいね」って共感して、よくなければそれをちゃんと伝えることができる。そういうことがしっかりとできる、人間的にも、音楽的にもほんとうに素晴らしくて、なにより魅力的な人柄をもった人たちが集まってる。これからそれぞれのシーンができてくるとおもうけど、それを超えてそのさきでも仲良くできればいいな。そのためにはわたしもいい音楽をやらないといけないし…あとは早くみんなで美味しいものを食べられるようになるといいな()。」

 

 

 

 

 

 

ー以前に他のインタビューのなかで「The Soulquariansみたいになりたんだよね」とおっしゃられていましたよね。一つの集団として協力しあいながら個々も自由に表現したり活動する。それってカッコいいですよね。日本ではティン・パン・アレーとかがいい例だと思うのですが。

 

 

 

 「ね!まえにTAIHEI( ex:Suchmos,SANABAGUN)に話したことがあるんだけど、当時のニュー・ミュージックの方たちも昔からいままでずっと一緒にやってるじゃん。そこには色々あったかもしれないけれど、結局はおなじ場所にたどり着いてる。わたしはいまこそ、そういう集団としてのひとつの流れをつくれるとおもってる。」

 

 

 

荒井由実さん、大貫妙子さん、吉田美奈子さん。そういった方々の初期のアルバムのバックはすべてティン・パン・アレー関係の人たちじゃないですか。なのに、それぞれサウンドがときにはソウルに、ときにはカントリーに。それぞれのアルバムのなかでアプローチが違っていて、しかもかっこいいんですよね

 

 

 

矢野顕子さんとかね() 」

 

 

 

ーそうです() そういった音楽的な教養があるからこそできる多彩な表現の流れを、いまのシーンの流れならきっとできますよね。それぞれのアルバムを聴いているとそれをつよくおもうんです。

 

 

 

「ああいう人たちと同じように、自分たちなりの音楽の解釈をしっかりと持ったひとたちがシーンを変えていく時代になっているんじゃないかな。だから私はそのシーンを女性として携わって、引っぱっていけるようになれたらいいな。」

 

 

 

 

 

いまのリアルな感情

 

 

ーでは最後に、Naoさん自身は今後どのような活動を展開されていくのでしょうか。

 

 

 

「さっきリアルな感情が大事って話をしたじゃん。それにつながることなんだけど、最近、ありがたいことにいろいろな世代の人と会う機会がふえてきたのね。そんな人たちと話をしていると、カッコいい生きかたをしている人もいれば、この人は流れに流されてきちゃったんだなぁっていう人もいたりして。自分が幼いころから「すごく素敵!」っておもっていた人たちと出会えたときに、それがじつはあまりにも薄っぺらな魅力だったらショックでしょ。そもそも、わたしとは視点や思考がちがうのかもしれないけれど、それでもなんだろう。哀しくて。…まぁ、そんな出来事があったんです(笑)でも、そんな違和感やいちいち反抗したくなるようなできごとがおきているおかげで、自分の想いを再確認できる、そういうありがたさもある。

 だから、今はそういう感覚を大切にしたものをつくりたい。わたしが歳をとってあらためて聴いたら「若いな」って思うかもしれないけど、そういう若くて反抗期だからこそ感じたものをつめて作品にしてみたい。その言いたいことに女性としてのしなやかさとかをくわえて。つねにバランスが均等に保てるように、一歩さがって「よし、ちゃんと自分が言いたいとこを言えてるね」と確認しながら、そこに時代の空気をあわせたりして、うまくできたらいいなっておもってる。」

 

 

 

ーそれっておもっていても実際には口にだしにくいことですよね。

 

 

 

「そう。だからこそ言いたい。最近つくった歌詞に「争い恐れて平和なのはどちらのほう」というのがあって。そういうことをテーマにしたものをつくりたい。上手いバランスでつくれたらいいんだけどむずかしいよね。」

 

 

 

ーいま想像しただけでも言葉えらびを丁寧にしないと誤解をまねきそうだし、でもそういう気遣いでかためすぎると伝えたいメッセージが埋もれたり、屈折してしまったりしそうだし。難しいですよね。そこに気づかせるにはかなりの工夫が必要ではないでしょか。

 

 

 

「ものすごく難しいことだけど、いまの自分が感じてることは大事にしてあげたいんだよね。」

 

 

 

ーでも信じてれば流れがきますよ。Naoさんはそういったものを毒ではないかたちでパッケージすることができるのではないでしょうか。

 

 

 

「そうだね。攻撃性があっても良いとおもうけど…でも、私の場合それをたとえるなら白い炎かな。冷静な戦い。相手に向けているけれど自分の内にもしっかりと問いかける。さっきも言ったように、リアルな感情を作品にすることができてこそアーティストだなっておもうから、そうでありたいよね。

 

 

 

ー来るべきときになにかしらの“CUE”があるとおもいます。Naoさんのアンテナならそれを受信することができますよ。

 

 

 

「うまいね(笑) そうだよね、やっぱり自分のよきタイミングにいい物を出すのがベストだよね。ほかにも頭のなかではやりたい計画がたくさんあるんだよ!でも手が追いつかなくてそういう感じよ() 」

 

 

 

ー(笑) Naoさんの表現がどんなかたちであられるのか、期待しているかたが大勢いらっしゃるとおもいます。もちろん僕もそのひとりで、本当に楽しみにしています。今回はほんとうにありがとうございました。

 

 

 

 

 

Nao Kawamura

1992年4月11日生まれ。千葉県出身。
2016年4月に6曲入りEP "AWAKE"を発売。
2016年 7月にはFUJI ROCK FESTIVAL'16 “ROOKIE A GO-GO”に出演。

2017年1月25日に初となる全国流通盤EP『CUE』を発売。
SuchmosやSANABAGUN.、岩間俊樹、FIVE NEW OLD、WONKの活動にも参加している。

Twitter

Instagram

 

 


Nao Kawamura/ CUE

 

NKVC-001(NAKID VOICE) ¥1,300 + TAX

 

Track List

1.RUSH LIFE
2.食べかけの朝
3.Dawn feat.Kento NAGATSUKA from WONK
4.Curiosity
5.Sleep your dream
6.食べかけの朝(Remix)

 

Shop

TOWER RECORDS

HMV 

amazon

Apple Store

 

 


 

 

Cafe FLAMINGO

 

 

東京都渋谷区宇田川町10-2

03-6416-5513

平日、土11:30~5:00

日、連休最終日11:30~24:00

 

 

 


interviewee :Nao Kawamura

Interview: Komu,Hitomi Nakamura,Kaoru_maki

Text:Kaoru_maki

Photo : Komu

 

Special Thanks: Cafe FLAMINGO